忍者ブログ
TRIAL手帖+Kotna-Tona 驚き
NinjaToolsAdminWriteRes

TRIAL手帖+Kotna-Tona

 かつて丹沢・宮ヶ瀬・道志などでBTR競技会を開催。その後、50・80(小排気量)練習会・競技会開催を目指すも資金不足で断念。トライアルも引退。2011年7月1日に移住完了。今は大洋村在住。  2016年1月8日トライアル用品『ことな・とな』再活動。

HOME ≫ Entry no.550 「驚き」 ≫ [555] [554] [553] [552] [551] [550] [549] [548] [547] [546] [545]

驚き

 結構先進的なAprilia Climber だが、今回簡単にマグネット法に依る金属構成をチェックしてみた処・・

 まあ、殆ど鉄パーツは無いと言って良い。
鉄パーツの主なものを挙げると・・スポーク、ニップル、ブレーキディスク、F・フォーク・インナーパイプ、メインフレーム、ダウンチューブ、チェンジレバー、キックアーム、ブレーキペダル、ステップ・・まあ、こんなもんかな。
R・ショックは、想像出来るでしょ。だからチェックしてない。

 おいおい、すげーだろ!?
’91だぜ。

 それでもって、車重だが・・
前輪44kg。
後輪46kgの90kgだ。

 ちきしょう重てぇな・・



   







 マロン氏の御指摘通り、クランクケースに混合気が入る様になっている。それも、こんなに遠くから・・。
 2STは、圧縮工程部にガスを入れるのが基本とは思うけど・・。


 それでも、リードバルブがあってインレットチューブ(?)があってキャブだから・・大体こんなもんかな。
 このRotax エンジンはリードバルブじゃないのかな?



 キックは、小兵な吾輩でも丈夫そうなサイドスタンドやメインスタンド(あるかいな)、スタンディングなどせずに、右足でボディを支えて・・冬季に転倒して痛めた吾輩の左足でも掛けられる。
 右脚も先日転倒して痛めたぞ。





PR

●Thanks Comments

21年前

フレームに塗装剥がれが、無いので、トライアル走行は、していなそうですね。
アンダーガードも、無傷でしょう!
90年代の、トライアル車は、未だ、普通のバイクの形でしたね。耐久性も、有りそうだし、
街乗りとして使いましょう。

From 【マロン】2012.09.08 09:54編集

次はBOYだ

 全く仰る通り。走行1097KMの殆どは、ロード&オフロードの移動走行でしょう。

 但し、ガレージでべータエヴォと一緒に写っている画像も戴いているので、上手にセクション走破していたのかも知れません。

 何れにしてもタイムマシンで現代にやって来たことは間違いありません。腐食していたのは、今の処エアクリーナーのスポンジだけで、それも触る迄は、全く綺麗な形でした。クリーナーオイルが劣化したのが原因でしょう。
 これから少しづつ汚れを落として行けば、さらに新車になると思いますが・・

 矢張りね、乗ってみれば・・当たり前だけど、トライアル車・・街乗りには向きません。
 何故なら・・
ここには街は無いから・・・
何ちゃって。

 畦道、農道、森や浜辺で遊ぶには良さそうで・・。

From 【Sai】2012.09.08 11:11編集

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
秘密? ※チェックすると管理人にしか見えません

≪ moto no mokuami |PageTop| Aprilia ≫

カレンダー ▽

最新コメント ▽

プロフィール ▽



※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【Saioji】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog