忍者ブログ
TRIAL手帖+Kotna-Tona TY250SK
NinjaToolsAdminWriteRes

TRIAL手帖+Kotna-Tona

 かつて丹沢・宮ヶ瀬・道志などでBTR競技会を開催。その後、50・80(小排気量)練習会・競技会開催を目指すも資金不足で断念。トライアルも引退。2011年7月1日に移住完了。今は大洋村在住。  2016年1月8日トライアル用品『ことな・とな』再活動。

HOME ≫ Entry no.253 「TY250SK 」 ≫ [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248]

TY250SK

 わが工場?では、空ぶかしが出来無いので、早朝、いつもの公園駐車場へ押して行く。
TYは何kgだろう?
90kgだろうか?
大汗をかくのでは?と思いきや、結構楽でTXTと同じ位の重さだった。
これは足周りがソフトと云うことと、TXTがブレーキを引きずり気味と云うのがあるかも知れぬ。

 掛かり難い上に、ストールしてしまうところをなだめすかしながら、三度目だっただろうか、白煙も収まり、漸く安定する。
しかしエアスクリューが効いてない様な雰囲気もある・・?
兎も角、漸く本来のパワーに近いものが出ている様だ。
ただ、フレームとエンジン以外はRとZと云うこのマシンの今朝のパワーがS以下なのか以上なのかR以上なのか・・TYが初めての吾輩にはわからぬ。



 独自に求めたグラスウールに交換したサイレンサーの排気音は、来た当初の不調のものと単純に比較は出来無いかも知れぬが、非常に小さくなったと思う。
特に、パンパンパンと云う破裂音が・・パワーの無いくせに一人前に排気音だけは五月蠅いと思っていた・・ポンポンと気にならなくなり、以前マロンさんやkamiさんが言ってたように全体に高温がカットされて、これなら商店街も入って行けそうである。

 これはTXTにも施してやらねばならぬ。
相当静かになりそうである。
早朝の住宅街での始動も可能・・か?

 また、燃料コックの固さが解消されてないのは、恐らくパーツが足りないと思う。
蓋とレバーの間に樹脂製の薄い板が必要な筈なので何か見繕うことにする。  
PR

●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
秘密? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:

≪ Rookie 70 |PageTop| 整備作業9.13 ≫

カレンダー ▽

最新コメント ▽

プロフィール ▽



※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【Saioji】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog